• 岡田 敦子

体を動かす事が、歩く事がとても大切

この夏、大阪北地震から始まり台風21号の関西以西の大被害、人の死まであった大変な夏でした。

その中で、いつもより更に体を動かす事が、どれだけ人を丈夫にしてるかを目の当たりに見たり、聞いたりしたので、自分の為の記録としてもここに文章に残したいと思います。

私が接している生徒さんは年齢層幅広く、20代から80代まで。

60オーバーの方に聞いてちょっとびっくりした話。

1ヶ月半ぶりに会った生徒さん。

Aさん「私、1ヶ月くらい引きこもりになってたんです」

私 「引きこもり??!」

Aさん「(地震で)マンションの家の補修したでしょ? 窓開けたら塗料の臭いとかがすごくて、閉じこもったきりになってきて、段々体がしんどくなって外でられへんようになったんです」

私「ええーっ!!!」(引きこもりって子供がなるもんやと思ってた!)

Aさん「そしたらね、歯がかけたんです!」

私「えええーっ!!!!?」

Aさん「私、歯は強くてほとんど歯医者行った事が無いんです。歯って足の裏から刺激受ける事で強くなるそうです」

只々驚きです。

体を動かすことによって、栄養って行き届く。

歩くことによって、刺激を受けて骨が強くなる。

陽に当たらないといけない。



本当ですね。

これ、人の死を見て一番思った事でした。

そしてお年寄りの引きこもりって家の工事してて臭いとか、こんな些細な事から始まるんやな。

とか、色々思う事が出てきました。

この夏あった出来事、また書きます。


最新記事

すべて表示

06-7506-1907

©2020 by A point Gym / エーポイントジム